ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
少年向けライトノベル

   Next
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空色パンデミック1 (ファミ通文庫)空色パンデミック1 (ファミ通文庫)
(2010/01/30)
本田誠

商品詳細を見る

評価

あらすじ

「見つけたわよ、ジャスティスの仇!!」「…はい?」高校受験の朝、駅のホームで僕はその少女と出逢った。彼女―結衣さんは“空想病”。発作を起こすと正義の使者とかになりきってしまうらしい。以後なぜか結衣さんは何かにつけ僕の前に現れる。空騒ぎに付き合ってられない。最初はそう思っていた。彼女を守るため世界を敵にまわして戦うことになるなんて、思いもしなかった―。えんため大賞優秀賞受賞、狂騒と純真の「ボーイ、ミーツ、空想少女」。

感想

【空想病】というアイディアはいい。アイディア一つでもった作品。もっとうまくアイディアを生かせるような気がするんだけどな。

ライトノベルでなく漫画だったら良かったかも。日常に厨二病的空想という非日常が紛れ込む違和感は、絵の方が表現できそう。主人公の一人称だと、主人公が慣れるにつれて違和感がなくなる。

【以下ネタバレあり】
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
(2009/08/21)
平坂 読

商品詳細を見る

評価

あらすじ

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。

感想

評判がいいのでわくわくしながら読み始めた。略称は「はがない」なのね。始めは「おっ、面白そう」と思った。モンハン(作中ではモン狩となっている)を罵り合いながらプレイする場面などは、笑みが漏れた。
読み終えて分かった。これは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と同じタイプの小説だ。理由を以下に挙げる。

一、あるあるネタ
ぼっちのあるあるネタが登場する。休み時間をどうやって潰そうとか、体育の授業で二人組をつくるのが辛いとか。それに共感できれば登場人物が親身に感じる(はず)。
二、素のボケに強いツッコミで織り成す会話
非常識(もしくは性格悪)のため素でボケるヒロインにツッコミを入れる主人公という構図。カギカッコの会話だけが何行も続くことがある。
三、軽くハーレム状態
ヒロインらは性格が悪くとも顔とスタイルは抜群。端から見ると美少女をはべらせているようにしか見えない。

ってことで、中身はともかく外見はいい美少女達と残念な学校生活を過ごす話。ぼっちのあるあるネタに共感し、性格最悪な美少女に萌え、軽い話が好きな人なら好みなのでは。タイトルとイラストは良かった。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ダブルアクセス (MF文庫J)ダブルアクセス (MF文庫J)
(2010/01)
樋口 司

商品詳細を見る

評価

あらすじ

桃井家の兄妹・巧とヒナは、貧乏である。それでも世間の荒波に負けず、二人で慎ましやかに安アパートで暮らしているが、それでも毎日の生活はギリギリだ。そんな生活から抜け出そうと、巧はアルバイトをしている。二人きりの家族である妹・ヒナにもいえないそのアルバイトとは、とあるオンラインゲームのテストプレイヤーだ。ある日、巧とヒナが暮らす安アパートの隣の部屋に入居者がやってきた。仲良くしようとする巧たちを冷たくあしらったその少女・栞と、巧は意外な場所で再会するが―「ぴにおん!」の樋口司が贈るゲームと現実が入り乱れる新感覚アクションラブコメ。

感想

表紙に描く人物を間違っていないか?

体感型MMORPGのテストプレイヤーとして過ごす主人公・巧と、お兄ちゃん大好きな妹のヒナ、巧が面倒を見ることになった初心者の栞がメインの人物。テストプレイヤーとして働くのは巧と栞のみで、ヒナはお留守番。表紙はヒナなんだけど、これじゃ表紙詐欺なんじゃあ。
同調率が上がりゲーム中の痛みが現実に反映されるようになったり、ゲームの仕様にないはずのモンスターが出てきたりと、ゲームだと思っていたものが手に負えなくなっていく。
童顔で巨乳、ブラコンのヒナが萌えを狙いすぎてなんだかなぁ、という感じ。栞と一緒にお風呂に入っているシーンの挿絵など、ヒナの乳が浮いているように見える。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
織田信奈の野望 2 (GA文庫)織田信奈の野望 2 (GA文庫)
(2010/02/15)
春日 みかげ

商品詳細を見る

評価

あらすじ

なぜか戦国時代に飛び込んでしまった高校生の相良良晴は、尾張の姫大名、織田信奈と出会った。良晴は信奈にサル呼ばわりされてこき使われたり、桶狭間の戦いで活躍をしたりと、少しずつその時代に馴染んで過ごしていた。そんな中、信奈と近江の浅井長政の縁談が持ち上がった。想定外の事態に驚愕し、動揺する信奈の家臣団。良晴は信奈に諌言して縁談を阻止したいが、身分はまだ侍大将。一刻も早く美濃の稲葉山城攻略という大功を立てなければならないと焦る。だが、その良晴の前に美濃の堅固な稲葉山城と謎の天才軍師・竹中半兵衛が立ちふさがる。あせる良晴はどう行動するのか…。

関連レビュー

前巻【織田信奈の野望/春日みかげ】

感想

鉄は熱いうちに打てってことで、1巻が面白かったので続刊を買ってみた。2010年最後に読んだ本だったりする。戦国美少女のカラー口絵にわくわくしながら読み始めたんだが、あれ……面白く、ない……。良晴と信奈は隠れ両想いなことがバレバレだし、良晴の信奈に対するツンデレっぷりは可愛くない。戦国美少女達がわいわいやっていることは前巻と変わりがないはずなのに、何故か夢中になれなかった。どうしてだろう。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全 (MF文庫J)ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全 (MF文庫J)
(2007/10)
比嘉 智康

商品詳細を見る

評価

あらすじ

とある地方都市・真幌市に住む中学二年生の田中春男は、物干し竿占い師だった祖母の遺書で「人間以外の多くの女性に愛される」と予言された。春男は、町でも凶暴で有名なドーベルマンのかま子になつかれ、突然しゃべりだした人形のエリアスからも告られる。これっていま町で噂の都市伝説?そんなある日、春男は地元のお祭りで、偶然クラスメイトの天然娘コトリと会い、演劇部の彼女の舞台を見にいく約束をする。しかしこのとき既に、真の“地方都市伝説”が密かに活動を始めていたらしく…!?第3回MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞受賞の爽快コメディ活劇、開幕です。

感想

バカバカしくて笑えるというレビューを見て買ったんだけど、私には合わなかった。確かにバカバカしい。主人公はドーベルマンのかま子に慕われ、ナイスバディ人形エリアスに愛を告げられる。
笑いの感性が合わないと、どうしようもないのね。残念。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
リバーズ・エンド (電撃文庫)リバーズ・エンド (電撃文庫)
(2001/12)
橋本 紡

商品詳細を見る

評価

あらすじ

拓己は十四歳の中学生。そんな彼の携帯に突然メールが送られてくる。あなたの町に海はありますか―?拓己は戸惑うが、やがてメールの送り主である唯という少女と、心を通わすようになる。雪の降る夜、息が白くなる朝、騒々しい昼休み、何度も何度もふたりは『言葉』を交わしつづける。なにもかも不確かな世界の中で、ただ互いの『言葉』だけがリアルだった。ひとときの優しさ、ぬくもり、そして―。彼らは気づいていなかった。その時、なにかが始まろうとしていたことに。第4回電撃ゲーム小説大賞「金賞」受賞の橋本紡が贈る気鋭の新作ついに登場。

感想

「最終兵器彼女」「イリヤの空、UFOの夏」→レビュー)を彷彿させる、セカイ系の作品。すらすらと読める文章はいいが、可もなく不可もなく。セカイ系が好きじゃないからかもしれない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ブラックランド・ファンタジア (集英社スーパーダッシュ文庫)ブラックランド・ファンタジア (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/06/25)
定金 伸治

商品詳細を見る

評価

あらすじ

19世紀英国帝都―。貴族の間では様々なものをチェスの賭けとする真剣“デュール”が流行していた。スィンは真剣師として雇われ、雇い主の代わりに勝負する。特異な環境に育った姉・ネムが驚異的な記憶力を用いて勝負を混乱させ、大逆転を収めた。それからスィンの周りで不可解な事件が続く。その裏には行方不明の父、サー・チャールズ・リスタデールの影が見え隠れする。ふたりの運命はどう動く。

感想

賭けチェス“デュール”の真剣師であるスィンが、姉・ネムと共に過ごすようになってから不可解な事件に巻き込まれる。“デュール”のゲーム性と事件進行が、この物語のメインの柱。星樹先生のイラストだから気にならないけど、少女の顔に幼児の身体のネムは結構グロいのでは。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ガンパレード・マーチ episode TWO (電撃文庫)ガンパレード・マーチ episode TWO (電撃文庫)
(2003/07)
榊 涼介

商品詳細を見る

評価

あらすじ

第62戦車学校に入学した速水厚志は、とても兵隊とは思えないのんきな同僚に囲まれ、戸惑いながらも、生まれてはじめて安住の地を持てた思いにひたる。だが、こんな日々がずっと続けば…という彼の期待は、初出撃の日に粉砕された。訓練とはまるで違う、実戦の予想以上の過酷さを目の当たりにして、厚志と同僚たちは無力感にさいなまれる。自分たちは生き残れるのだろうか、と…。厚志たちの初陣を描く『士魂号前へ!』をはじめ、5121小隊結成直前のエピソード 4編に『芝村舞の野望』などのショートショートを加えて、『ガンパレード・マーチ』ノベライズ第6弾登場。

関連レビュー

前巻【ガンパレード・マーチ episode ONE/榊涼介】

感想

速水達パイロットの初出撃と、二組整備員が揃うまで。今巻でついに、速水は舞の手下でなく友人になる。舞と速水の図書館デートや、茜の暗殺未遂など、原作ゲームのエピソード自然に消化しているところが見所。


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
放課後ログイン (MF文庫J)放課後ログイン (MF文庫J)
(2004/09)
神代 創

商品詳細を見る

評価

あらすじ

中学3年生の静は新型ネットワークゲームマシンのモニターに当選する。届いたマシンを使ってログインしたゲーム世界は、実在するかのようなリアルな異世界。気弱であまり運動ができない静は、その世界で自分とは正反対の人物「バード」の体に入り込む。バードは逞しい戦士で、なにやら旅をしているらしい。それも可愛い系と美女系の二人の女の子と共に!うらやみながらログインを続ける静だが、えっ?ゲームキャラに怒られた!?もしかしてここって、実在する異世界!?ファンタジーと現実がクロスオーバーする冒険ストーリー。

感想

体感型ネットワークゲームで、異世界の戦士バードの身体に入り込んだ、ごく普通の学生である静の話。自分の頭の中に入ってきて好き勝手なことを喋り、遮断することもできないという状況に置かれたバードが、静を受け入れるとはとても懐が深い。頭の中で他人の声が聞こえてきたら正気を疑うし、うざいと思う。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
あそびにいくヨ! (MF文庫J)あそびにいくヨ! (MF文庫J)
(2003/10)
神野 オキナ

商品詳細を見る

評価

あらすじ

沖縄に住む高校生、嘉和騎央が部屋で目を覚ますと、隣で見慣れぬ少女が寝息を立てていた。おまけに猫耳尻尾付き。呆然とする騎央の前に幼馴染みの真奈美が朝食を持って現れ、「で、昨日一緒に帰ってきた女の子って、どこ?紹介してよ!」と、言葉の出刃包丁を振りかざした。痴話喧嘩から変態罵倒大会へ突入したとき、折り悪く融通のきかない美人教師糸嘉州マキが乱入、ますます騎央は苦しい立場に立たされる。でも…エリスと名乗った猫耳少女は、宇宙人だったのだ。そしてそんな宇宙人との接触を良しとしない秘密結社やCIA、日本政府の諜報機関がのんきなエリスを襲う!「やめろったら!エリスが何をしたっていうんだ!!」。

感想

何も考えず頭を空っぽにして読める宇宙人ホームコメディ。放電映像先生の描く可愛いエリスと一緒に楽しむべし。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。