ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メシアの処方箋 (ハルキ文庫)メシアの処方箋 (ハルキ文庫)
(2007/05)
機本 伸司

商品詳細を見る

評価

あらすじ

ヒマラヤで氷河湖が決壊した。永年閉ざされていた下流のダム湖に浮かび上がったのは古代の「方舟」だった。こんな高地になぜ文明の跡が?いぶかる調査隊をさらに驚愕させたのは内部から発見された大量の木簡だった。それらにはみな、不思議な蓮華模様が刻まれており、文字とも絵とも判然としなかったが、なんらかのメッセージを伝えているのは確かだった―。一体、何者が、何を伝えようというのか?第3回小松左京賞受賞作『神様のパズル』に続く、傑作長編SF、待望の文庫化。

感想

ヒマラヤ山脈から方舟が発見され、色々あって出てきた木簡に書かれたものを解析すると、どうやら人に類する生き物のゲノムらしいことが判明する。
登場人物達は、知りたいという切実な欲求に突き動かされ、生物を作り出す。

途中まではとてもハードSFらしかったのに「救世主」が作り出されてからは、人の救済やら倫理観やらの話になっちゃった。消化不良。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
サクラダリセット  CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)サクラダリセット CAT, GHOST and REVOLUTION SUNDAY (角川スニーカー文庫)
(2009/05/30)
河野 裕

商品詳細を見る

評価

あらすじ

「リセット」たった一言。それだけで、世界は、三日分死ぬ―。能力者が集う街、咲良田。浅井ケイは、記憶を保持する能力をもった高校一年生。春埼美空は、「リセット」―世界を三日分巻き戻す能力をもっており、ケイの指示で発動する。高校の「奉仕クラブ」に所属する彼らは、ある日「死んだ猫を生き返らせてほしい」という依頼を受けるのだが…。リセット後の世界で「現実」に立ち向かう、少年と少女の物語。

感想

過ごした日々をリセットして過去に戻る能力のある桜田さんの日々のあれこれ……な話だと想像してた。

サクラダは人ではなく、超能力を持つ人々が住む街の名前である。
タイムスリップ能力も超能力の一種と見なされているので、主人公だけが特別という感じはしない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
癒しの手のアルス―嘘つきたちが駆けていく (コバルト文庫)癒しの手のアルス―嘘つきたちが駆けていく (コバルト文庫)
(2003/10)
渡瀬 桂子

商品詳細を見る

評価

あらすじ

『癒しの手』の能力で、どんな病も治すというアルス。タイレンの竜騎士ラティスは、重い病に臥す王太子のため三人の部下と、彼が住む村を訪ねる。そこで出会ったアイリスという美しい娘に案内を頼むが、彼女は四人を騙し、相棒のアーウィンと逃げ出してしまう。怒りに駆られ、二人を捕らえたラティスは、アイリスが男だと見破る。なんとアイリスこそが『癒しの手』のアルスその人だった…。

感想

どんな病も治す力を持つ『癒しの手』のアルスと従者役のアーウィンが、王太子の病を治すため竜騎士のラティスらと共に王太子のいるタイタンへ向かう。
アルスはよく女装をするが、単に自分に似合う服を選んでいるだけらしい。変態さんではなく、可愛い服に興味があるだけなのね。

嘘を塗り重ねて過去の傷をおおって、前を向いて笑って歩く生き方をアルスは選んでいる。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
狂乱家族日記壱さつめ (ファミ通文庫)狂乱家族日記壱さつめ (ファミ通文庫)
(2005/06/01)
日日日

商品詳細を見る

評価

あらすじ

大日本帝国超常現象対策局、対策一課に所属する乱崎凰火が、
ある日道で出会ったのは、ネコ耳、ネコ尻尾の傲岸不遜な少女?凶華だった。
そして、この日から凰火の不幸の日々が始まったのだった。
なぜなら、出会って数時間後には、凰火はこの自分を神だとのたまい、
罵詈雑言をまき散らす謎の生命体と結婚させられてしまったのだ。
地球を滅亡から救うために--。

その饒舌とスピード感と巧みな語り口で読者を魅了する
新世代作家・日日日(あきら)、第6回「えんため大賞」佳作受賞作!

第8回角川学園小説大賞・優秀賞受賞作「アンダカの怪造学I ネームレス・フェニックス」と同時発売!

関連レビュー

次巻【狂乱家族日記弐さつめ/日日日】

感想

ネコミミ少女と家族になるという不条理な設定から面白そうと思ったら、大当たり。面白い。
早く読めば良かった。

イラストとの一体感がライトノベルの醍醐味よね。
登場人物紹介を兼ねている巻頭カラーがとても良い。

むちゃくちゃ、はちゃめちゃ、破天荒な凶華の性格と行動が魅力的。
凰火(夫)と初めて会った凶華(妻)の台詞がこれですよ。
「その醜くも穢れきった指先で凶華様のたおやかな御腕を掴むという冒涜的行為を今すぐやめろこのユダ的背徳者」ですよ。
この小説の行く先が想像できるというもの。
オカマに生物兵器にライオンにクラゲとふざけた子供らにある、シリアスな過去。
お母さん凶華のむちゃくちゃな罵倒とめちゃくちゃな行動力に引っ張られる。

寄せ集めの作られた家族だけど偽物じゃない。
世界を滅ぼす力を持っている、世界一楽しい家族がここにある!

あとがきまで面白く読めたんだから、筆者の笑いのフィーリングと合っているんだろう。


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌
デュラララ!! (電撃文庫 (0917))デュラララ!! (電撃文庫 (0917))
(2004/04)
成田 良悟

商品詳細を見る

評価

あらすじ

「楽しみだなあ。楽しみだなあ。楽しみだなあ。この街は俺の知らない事がまだまだまだまだ溢れ、生まれ、消えていく。これだから人間の集まる街は離れられない!人、ラブ!俺は人間が好きだ!愛してる!」
東京・池袋。そこにはキレた奴らが集う。非日常に憧れる少年、喧嘩上等のチンピラ、ストーカーもどきの電波娘、趣味で情報屋を営む青年、ヤバイ患者専門の闇医者、魔物に魅せられた高校生、そして漆黒のバイクを駆ける“首なしライダー”。
そんな彼らが繰り広げる物語は痛快な程マトモじゃない。だが、彼らは歪んでいるけれども――恋だってするのだ。

感想

筆者の人気作「バッカーノ!」の面白さが分からなかったが、話題作なら大丈夫だろと思って買ってみた。
ダメだ。
池袋を舞台にした群像劇なのだが、キャラクターに魅力を感じない。
代表作を2作読んで面白いと思わなかったら、合わない作家さんと考えていいのかな。

池袋という地に足の着いた土地で、非日常が繰り広げられるという面白さが作られているはずなのに、虚構としか思えない。
女性に人気のキャラクター静雄と臨也もカッコいいとは思わなかった。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
乃木坂春香の秘密 (電撃文庫)乃木坂春香の秘密 (電撃文庫)
(2004/10)
五十嵐 雄策

商品詳細を見る

評価

あらすじ

俺のクラスメイトの乃木坂春香は、容姿端麗で才色兼備で、『白城の星屑』の二つ名を持ち、ファンクラブの会員数も三桁を超す、まさに深窓のお嬢様という言葉がぴったりの学園のアイドルだ。そんな彼女の秘密を知ってしまったあの日以来、俺の平凡な学園生活は終わりを告げ、ある意味奇妙な彼女との関係が始まった。そして、春香が周囲にひた隠しにしている秘密とは―。第4回電撃hp短編小説賞の最優秀賞受賞者、電撃文庫でついにデビュー。

感想

見た目も中身もパーフェクトなお嬢様の秘密(実は彼女はアキバ系)を知った主人公が、お嬢様とお近づきになる話。

男の子が読んで、クラスのマドンナと恋愛フラグをたてる妄想を楽しむためにあるような本だと思う。
結局、見た目が可愛ければなんでもいいのね……。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る

評価

あらすじ

世界は穏やかに滅びつつあった。「喪失症」が蔓延し、次々と人間がいなくなっていったのだ。人々は名前を失い、色彩を失い、やがて存在自体を喪失していく…。そんな世界を一台のスーパーカブが走っていた。乗っているのは少年と少女。他の人たちと同様に「喪失症」に罹った彼らは、学校も家も捨てて旅に出た。目指すのは、世界の果て。辿り着くのかわからない。でも旅をやめようとは思わない。いつか互いが消えてしまう日が来たとしても、後悔したくないから。記録と記憶を失った世界で、一冊の日記帳とともに旅する少年と少女の物語。

感想

学校がイヤになった高校生男女が、夏休みを利用してバイクで自分探しの旅に出る話かと思ったら、全然違った。

「喪失病」という存在が喪われる病が流行し、首都の機能が保てなくなった時代。
喪失病にかかった一組の男女が世界の果てを見つける旅に出る。

物語が主軸は、少年少女と旅先で出会った人との触れ合い。
人力飛行機を組み立てるボス、廃校の姫などが登場する。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
雨にもまけず粗茶一服〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)雨にもまけず粗茶一服〈上〉 (ポプラ文庫ピュアフル)
(2010/03)
松村 栄子

商品詳細を見る

評価

あらすじ

友衛遊馬、18歳。弓道、剣道、茶道を伝える武家茶道坂東巴流の嫡男でありながら、「これからは自分らしく生きることにしたんだ。黒々した髪七三に分けてあんこ喰っててもしょうがないだろ」と捨て台詞を残して出奔。向かった先は、大嫌いなはずの茶道の本場、京都だった―。個性豊かな茶人たちにやりこめられつつ成長する主人公を描く、青春エンターテイメント前編。

感想

お茶の家元の跡取り息子が、バンドマン目指して家出するが仲間に見限られ、京都の畳屋に居候することになる。
なんとなーく読んでしまったが、続きを読もうという気には今のところなっていない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
蒼い瞳の刀使い(ソード・ダンサー)―ザ・サード (富士見ファンタジア文庫)蒼い瞳の刀使い(ソード・ダンサー)―ザ・サード (富士見ファンタジア文庫)
(1999/01)
星野 亮

商品詳細を見る

評価

あらすじ

辺境に生きる何でも屋の火乃香は、砂漠で立ち往生していた美しい青年イクスを救う。禁断の地“鋼の谷”にむかいたいという彼の依頼を引き受けたとき、火乃香の壮大な冒険は始まっていた…。砂に覆われた大地、文明の衰退を迎えた人類、人類の能力を遙かに超え、人間を支配する亜人種“ザ・サード”。混沌と崩壊の時代を舞台に、明るく胸のない少女が居合いを武器に世界の謎に挑む!第十回ファンタジア長編小説大賞準入選受賞作!ファンタジアの新境地を開くサイバー・ファンタジーついに登場。

感想

イラストの塗りがCG黎明期っぽい。

体言止めを多用した文章が多い。

銀光一閃。鞘走った刃が高密度の幻像を両断する。瞬時に浄眼機の姿は消え、二つになった投影装置がキャビンの床に落ちた。
砂上戦車が回頭。(後略)

のような感じ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)女子高生、リフトオフ!―ロケットガール〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)
(2006/10)
野尻 抱介

商品詳細を見る

評価

あらすじ

「…ちょっとしたアルバイト?」怪しげな男の何気ない誘いが、自分の人生と、宇宙開発史を大きく塗り替えることになろうとは、森田ゆかり自身、知る由もなかった―。父を捜しに訪れたソロモン諸島・アクシオ島で、ゆかりはある男に出会う。ソロモン宇宙協会の所長、那須田と名乗ったその男は、父親捜しを手伝うかわりに、ゆかりを協会にスカウトしたのだった。アルバイト―そう、協会の開発した宇宙ロケットの、史上最年少の宇宙飛行士に!小型で軽量、知能と度胸は抜群―日本の誇る“女子高生”は宇宙を目指す!スラップスティックSFの傑作、新装版としてついに復活。

感想

おお、いい。
女子高生がカプセル型ロケットに乗って衛星軌道にのる話。

ロシアの宇宙飛行士の決断に、ぞわっと鳥肌がたった。
起死回生のチャンスを異母姉妹のマツリと共にものにする描写にぞくりとした。


テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2010 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。