ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る

評価

あらすじ

自分以外の人間が“ロボット”に見えるという紫色の瞳を持った中学生・毬井ゆかり。クラスでは天然系(?)少女としてマスコット的扱いを受けるゆかりだが、しかし彼女の周囲では、確かに奇妙な出来事が起こっている…ような?イラストは『JINKI』シリーズの綱島志朗が担当。「電撃文庫MAGAZINE 増刊」で好評を博したコラボレーション小説が、書き下ろしを加え待望の文庫化!巻末には描き下ろし四コマのほか、設定資料も収録。

感想

これはライトノベルではなくSFでしょう。
人がロボットに見える少女・毬井を親友の波濤から見た視点で描いている。

「毬井についてのエトセトラ」では波濤が毬井について色々語る。
人がロボットに見えるだとか、可愛さや感触だとか、出会いや風景だとか。

【以下ネタバレあり】
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)
(2004/04)
鎌池 和馬

商品詳細を見る

評価

あらすじ

自分の部屋に、純白のシスターがいきなり空から降ってきた。「ありえねえ…」上条当麻はつぶやくが、そのシスター姿の少女はこう言った。自分は魔術の世界から逃げてきた―と。ここは“超能力”が“一般科学”として認知された、アンチ・オカルトの学園都市。上条は『インデックス』と名乗る謎の少女の言動をいぶかしむが、二人の前に本当に“魔術師”が現れて―!期待の新人が贈る学園アクションストーリー登場!

感想

おっ、ええ、いいじゃないの!
熱く燃える少年漫画の王道的ライトノベル。

燃えどころは3つ。

一つ。空から落ちてきたヒロイン・インデックス。「おなかすいた」が一言目だけど、敵対組織から狙われているらしい。これは守らないと!
二つ。超能力が日常として存在する世界。脳を開発すれば超能力者になれる。主人公は幻想殺しと言って超能力を打ち消す力を持っている。
三つ。インデックスに隠された秘密。インデックスを追っている魔術師ステイルと神裂は、実はインデックスの仲間。彼女は一年ごとに記憶を消去しないと死んでしまう。

そんな状況の中でさぁ上条当麻よ、どうする!?

敵だと思ってたステイル達がインデックスの味方だと分かってから面白くなってきた。

【以下ネタバレあり】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
おと×まほ (GA文庫)おと×まほ (GA文庫)
(2007/05/12)
白瀬 修

商品詳細を見る

評価

あらすじ

「今日から魔法少女になってね」平凡な町でごくごく普通に暮らす中学生・白姫彼方は、ある日母から魔法少女にされてしまった。いやがる彼方だったが、なりゆきで“変身”して敵と戦うことになってしまう。クラスメイトの“情報屋”こと明日野丈や無邪気な委員長に正体がばれることを恐れながら、だぶだぶのY シャツにミニスカート(なかにはスパッツを装着済み)といったいでたちで街や学校に発生する敵=ノイズと戦う彼方。ヒトの言葉をしゃべるようになった猫・モエルやもうひとりの魔法少女・グレイスと力を合わせて、今日も今日とて悪を倒す!?本作がデビュー作となる白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ。

感想

可愛いは正義。
愛と勇気の魔法少女の物語。

変身後の可愛い衣裳に、ステッキから放つ魔法、相棒の喋る猫と魔法少女の定番をしっかり押さえている。
だからこそ男という設定が光る。

校内美少女ランキング一位に選ばれる程の可愛さを持つ彼方の所作が素敵。
肌にぴっちり張り付くスパッツを指でつまみ上げたり、敵にスカートを切られて一番上しかボタンが止まっていないワイシャツ+スパッツ姿になった時ワイシャツを伸ばして下をなんとか隠そうとしたり、女子高生の制服を着せられ恥ずかしさのあまり持っていた鞄で顔を隠したり。
萌ゆる。かなたん可愛い。

全ては彼方が母に向けて訴えた時に返した、母・此方の台詞が示している。

「……え?やっぱりちょっと待って、そもそもボク男ですよ?あなたたちそれ忘れてません?ちょっと?ねぇ!?」
(中略)
「大丈夫よ」
「ニーズはあるわ♪」

こんなに可愛い子が女の子のはずがない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ルナティック・ドリーマー (EXノベルズ)ルナティック・ドリーマー (EXノベルズ)
(2001/12)
桜庭 一樹

商品詳細を見る

評価

あらすじ

2072年、月面の巨大娯楽ドーム都市“ルナティックベガス”で、一人の少女が50年間のコールドスリープから目覚めた。彼女―高田寿麻の記憶の中に眠るという、このドーム都市を管理する中央コンピュータのパスワードを巡って、街を支配するマフィア組織“ウラヌス”のドン―天王寺漣と、組織内の新興勢力― メイファの間で、寿麻の争奪戦が開始された。

感想

冷凍睡眠により50年後の月都市で目覚めた女子高生・寿麻が、運び屋ウィニーやシティポリスのビシャス等と一緒にマフィアから逃げ回る。
マフィア“ウラヌス”のドン・天王寺漣は寿麻のボーイフレンド、シティポリスの警視・周防映は親友、ただどちらも年月と共に歳をとっている。

【以下ネタバレあり】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ヒツギでSOSO! (ファミ通文庫)ヒツギでSOSO! (ファミ通文庫)
(2007/06/30)
文岡 あちら

商品詳細を見る

評価

あらすじ

「ビーッ!ガコン」今日も鳴り響く末期の音…。凶悪犯罪撲滅のため、エリート処刑官を育成する“十三学園”。そこに通う比津木奏輔は、超粛清の力 “PTSD能力”発現の期待を受けながらも、なぜか葬儀実習に打ち込む日々。そんなある日!美幼女率いるテロ集団が、幼なじみ共々奏輔を拉致!鬼乳処刑官も追ってきて、出自不明のホトケを巡る長い旅が今始まる―!“命”と“葬儀”を賭けた、えんため選考会激震の最終兵器、戦慄の大投下。

感想

イラストがとても可愛い。思わずネットで絵師さんを検索した。挿絵を描いているのはよう太さんというらしい。俺妹の同人誌も出してるじゃないの……うむ、夏コミで買おう。

とかは置いといて。
簡単にあらすじをどうぞ。

貧富の差が極端になった時代、凶悪犯罪を減らすために死刑執行数が鰻登りとなる。
エリート処刑官を育成するための十三学園で、処刑実習より葬儀関係の授業ばかりを選択し、黒制服で年中通す比津木奏輔とその幼馴染みの条禅穂風里。
国際テロリスト・アランド=サーレス処刑の場に立ち会ったところ、テロリスト集団“バレットフィスト”に頭目のホトケ奪還のための人質として攫われる。
何だかんだでアランド・サーレスの葬儀を引き受ける。
二代目頭目アリカ=サーレスらと行動を共にしているうちに、今回の処刑の秘密が明らかになる。

都合の悪い者を処刑する政府も、暴力で物事を変えようとするテロリストも、どっちもどっちだと思うんだけどなぁ。

【以下ネタバレあり】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
神父と悪魔 カープト・レーギスの吸血鬼 (B\'s-LOG文庫)神父と悪魔 カープト・レーギスの吸血鬼 (B\'s-LOG文庫)
(2006/10/14)
志麻 友紀

商品詳細を見る

評価

あらすじ

都会ではないが、田舎とも呼べない古い都市『カープト・レーギス』
美貌の神父ヴェドリック・ヴェスターが赴任した途端、現れたのは喪服姿のうら若き未亡人。亡き夫を偲んで教会にやってきたというが……? ヴェドリックを中心に、守護天使のオフィエル+妙な悪魔アンシャール・アンドゥリィル・アレグリオスまでが集結して、カープト・レーギスはにわかに騒がしくなる。吸血鬼騒ぎに翻弄される都市で、神父と悪魔と……「おまけ」の天使が送る恋(?)の駆け引きはいかに……?

感想

二重人格の祓魔師ヴェドリック、メイドになってクッキーを作る悪魔アンシャール、ヴェドリックに奴隷とはっきり言われてしまう健気な天使オフィエル達が繰り広げるどたばたコメディ。
3人共いいキャラ造形なのだけれど、なんか物足りない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
ラプンツェルの翼 (電撃文庫)ラプンツェルの翼 (電撃文庫)
(2009/02)
土橋 真二郎

商品詳細を見る

評価

あらすじ

“もしもこのトランクを拾った方がいたら絶対に開けないでください。人にとって危険な武器が入っています。開けない限り危害はありません”混乱する事故現場で相沢遼一が託された歪にひしゃげたトランク。その中に入っていたのは、両膝を抱えるように丸くなっている精巧な人形のような…一糸まとわぬ少女だった。はたして彼女が危険な武器なのか、もしくは何かの道具なのか、それとも―。遼一の手元にあるのは七つの駒と地図とウサギのぬいぐるみ。謎の少女を連れて、目的の見えぬ生き残るための“禁断”のゲームが始まる。

関連レビュー

次巻【ラプンツェルの翼〈2〉/土橋真二郎】

感想

前シリーズ「ツァラトゥストラへの階段」(→レビュー)に比べ緊張感が足りない。

いきなり命を掛けたゲームに巻き込まれ、少ない情報から類推しながら生き残りもしくは勝利を目指すというのが、この筆者のお得意パターン。
今回は、主人公遼一がトランクに入ってた謎の少女=天使の牙を育成することになる。
推測すべきことも割とシンプルだし、日常の中の非日常という異常さもあまり感じ取れない。
期待が高すぎたのかな。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る

評価

あらすじ

小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そして鉄血宰相・春川司も迎え入れ、新たな「シアターフラッグ」は旗揚げされるのだが…。

感想

面白いんだけど、物足りない。
赤字だらけの小劇団を立て直すというストーリーも、鉄血宰相・司が改革していく様も、シアターフラッグ内の人間関係も興味深い。
描き方が上手いのか、見せ方が上手いのかのかは分からないが。

最後まで読んだら「これで終わり???」と思った。
あっさり終わるというか…まさに物足りない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
凍える牙 (新潮文庫)凍える牙 (新潮文庫)
(2000/01)
乃南 アサ

商品詳細を見る

評価

あらすじ

深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した!遺体には獣の咬傷が残されており、警視庁機動捜査隊の音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発。この異常な事件を引き起こしている怨念は何なのか?野獣との対決の時が次第に近づいていた―。女性刑事の孤独な闘いが読者の圧倒的共感を集めた直木賞受賞の超ベストセラー。

感想

女刑事・音道貴子と、中年デカ・滝沢がペアを組むことになる。
オオカミ犬を追う+警察内の男社会で戦う。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌
銃姫〈1〉Gun Princess The Majesty (MF文庫J)銃姫〈1〉Gun Princess The Majesty (MF文庫J)
(2004/04)
高殿 円

商品詳細を見る

評価

あらすじ

かつて神は人間たちの愚かさに怒り、彼らから魔法の力を奪ってしまった。ところが、人は魔法を弾丸に封じ込め銃器で操ることを思いつき、ふたたび「力」を手に入れることに成功する。世界は殺伐とした戦争の時代へ突入した。少年セドリックは、姉のエルウィング、テロリストの少女アンブローシアと共に世界の命運を分けると言われる銃「銃姫」を探して旅に出る。銃姫の引き金をひくものはいったい誰なのか。そして、銃姫の秘密とは。

感想

エナミカツミ氏が挿絵を担当しているので手に取った。

はじめはアンブローシアを嫌いになりそうだった。
力を暴走させ街一つ破壊したセドリックに「力があるなら使え」だなんて、随分キツいことを言う。
そんなアンブローシアが滅ぼされた鉄なる壁の国の王女であると知って、なるほどと思った。
もう一人の主人公エルウィングは鉄姫と呼ばれる者らしい。
鉄姫の正体は気になるが、続きを読む気にはなれない。


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2010 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。