ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)豹頭の仮面―グイン・サーガ(1) (ハヤカワ文庫JA)
(1983/01)
栗本 薫

商品詳細を見る

評価

あらすじ

隣国モンゴールの侵略の前に滅びさった王国の遺児リンダとレムスは、辺境の地で追手の追求の前に絶体絶命の危機に……しかし、そこに突如現れた豹頭の怪人、グインという名のほかはすべての記憶を持たぬ戦士が二人を救うのだった。壮大な構想のもとに展開する全百巻の絢爛たるドラマ開幕!

感想

自称SFスキーとしていつかは読まないとと思ってたけど、巻数がとにかく多くて躊躇うグイン・サーガシリーズ。
冬休みを期に手を出してみた。
このシリーズは御大が亡くなったため未完になっている。
しばらく読み始め「この本は合わないかも…いや、途中から面白くなるのかもしれないし!」と思い一冊読み切ったが、特に感慨はわかなかった。
御大の作品は私には合わないみたい。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。