ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庵堂三兄弟の聖職庵堂三兄弟の聖職
(2008/10/24)
真藤 順丈

商品詳細を見る

評価

あらすじ

庵堂家は代々、遺体から箸や孫の手、バッグから花火まで、あらゆる製品を作り出す「遺工」を家業としてきた。長男の正太郎は父の跡を継いだが、能力の限界を感じつつある。次男の久就は都会生活で生きる実感を失いつつあり、三男の毅巳は暴走しがちな自分をやや持て余しながら長兄を手伝っている。父親の七回忌を目前に久就が帰省し、久しぶりに三兄弟が集まった。かつてなく難しい依頼も舞い込み、ますます騒がしくなった工房、それぞれの思いを抱く三兄弟の行方は?第15回日本ホラー小説大賞大賞受賞作。

感想

うぎゃあ、無理、無理。初めからグロ描写のオンパレード。
遺体を加工して箸や巾着等身の回りの品にするという気違いじみた仕事をしている。
他人事だと、死体はもう人じゃないと流せる間は良かったけど、物語が進むにつれ死体加工を頼む人と人間的な繋がりが出てきて辛かった。
リアルに気持ち悪くなった。

表紙のディテールが細かいイラストと、第15回日本ホラー大賞受賞作であること、一年前に出たばかりの新刊なことから読み切らなきゃという変な義務感のために読了したが、素直にギブアップしときゃよかった。
グロ注意!

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。