ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数えずの井戸数えずの井戸
(2010/01/25)
京極 夏彦

商品詳細を見る

評価

あらすじ

数えるから、足りなくなる。それは、はかなくも美しい、もうひとつの「皿屋敷」。人口に膾炙し怪談となった江戸の「事件」を独自の解釈で語り直す人気シリーズ第三作。

感想

「嗤う伊右衛門」みたいに古典を筆者独自に解釈し書き下ろした小説なのかと思ったら、巷説百物語の又市が出てきた。
巷説百物語シリーズなのかと思ったら又さんは初めと終わりにちょこっと出てくるだけ。
主役は武家屋敷・青山家の人々。独自解釈シリーズでいいみたい。

この分厚さは苦痛だった。
菊や播磨が「足りない」「数えない」なんて、哲学っぽくつらつら語ってたけど、くだらないと思ってしまった。
感性が鈍ったかなぁ。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。