ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神様のパズル (ハルキ文庫)神様のパズル (ハルキ文庫)
(2006/05)
機本 伸司

商品詳細を見る

評価

あらすじ

留年寸前の僕が担当教授から命じられたのは、不登校の女子学生・穂瑞沙羅華をゼミに参加させるようにとの無理難題だった。天才さゆえに大学側も持て余し気味という穂瑞。だが、究極の疑問「宇宙を作ることはできるのか?」をぶつけてみたところ、なんと彼女は、ゼミに現れたのだ。僕は穂瑞と同じチームで、宇宙が作れることを立証しなければならないことになるのだが…。第三回小松左京賞受賞作。

感想

量子論を下敷きに宇宙を作るハードSFなのに、話は学園青春小説。ヒロインは十六歳の美少女なのに、天才物理学者。テーマは思いきり壮大なのに、実際やってることはめちゃくちゃしょぼい。巨大な粒子加速器を擁する実験施設が舞台なのに、田植えや稲刈りに追われる。登場人物がひたすら議論ばっかりしてるのに、やたらめったら面白い……。

と解説で大森望先生が語っているように、ばりっばりのハードSF。
文系の私はハードSFが苦手。高校物理さえ理解していないから、読んでもちんぷんかんぷん。
なのに面白いんだから、とんでもないわ、この小説。
前半は、作中のゼミにおける物理の説明になんとか付いていこうとしたけど、後半はギブアップ。「何を話しているの、この人達?」状態。なのに、なんとなーく分かった気になって盛り上がれるんだから、作者の筆力は相当なもんなのでしょう。

大学生活のエッセンス(ちょこっとの惚れた腫れたと、ゼミ仲間との友人関係)と、天才美少女・穂瑞沙羅華とのやり取りが読者を惹きつけ、どこかとぼけた語り手の“僕”がいい味を出している。

宇宙論については、ほとんど理解できなかった。

「連星構造をしたユニットが渦巻き状の場をともなって、等速直線運動かあるいは加速度運動をするとどうなるか」と穂瑞は僕に聞いた。僕が答えられずにいると、「ではもっと単純に、円運動しながらその中心軸方向に等速直線運動するポイントを投影すると?
「……正弦波を描くんじゃないか?」

なんてのがさらっと出てくる。
解説では実際、綿貫くんは、物理学科の学生とはとても思えないほど物知らずなのでなんて言われちゃってるが、文系の一般読者よりはるかに知識はあるでしょ。
本書の宇宙創造論が理解できたら、もっともっと楽しみとセンス・オブ・ワンダーを感じただろうなぁ。つくづくハードSFは特殊だと感じる。

こういう小説をもっと読んでみたいという人なら、グレッグ・イーガンの『万物理論』やスティーヴン・バクスターの『時間的無限大』など、宇宙論SFの大海に漕ぎ出すのもいいだろう。

と大森望先生が曰っているので、逆に上記の2つの作品を面白く感じた方にお薦めの作品なのでは。

「未知数を言うとき、aでもbでもなく何故xなのか」の答えが当時の印刷所に、xの活字がたくさんあったかららしい。
また、穂瑞が綿さんに“推理すること”をポイントにいろんな質問をしながら古典力学について講義をした時に、綿さんが考えたことが心に残った。

どれも答えを聞くと「なるほど」と思うことばかりだったが、質問をされればされるほど、僕が今まで何も分かっていなかったことが分かってきた。しかもそのどれもが、そう難しいことではなく、自分で調べる気になれば分かることだったのだ。
「結果だけ鵜呑みにして生きてても意味がない。何でも自分で考えないと、いつか馬鹿馬鹿しい思いをするよ」

こう綿さんにアドバイスをした穂瑞だけど、別の考えもあると思うようになったのかな。

関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。