ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)天冥の標 2 救世群 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/03/05)
小川 一水

商品詳細を見る

評価

あらすじ

西暦201X年、謎の疫病発生との報に、国立感染症研究所の児玉圭伍と矢来華奈子は、ミクロネシアの島国パラオへと向かう。そこで二人が目にしたのは、肌が赤く爛れ、目の周りに黒斑をもつリゾート客たちの無残な姿だった。圭伍らの懸命な治療にもかかわらず次々に息絶えていく罹患者たち。感染源も不明なまま、事態は世界的なパンデミックへと拡大、人類の運命を大きく変えていく―すべての発端を描くシリーズ第2巻。

関連レビュー

前巻【天冥の標〈1〉―メニー・メニー・シープ/小川一水】
次巻【天冥の標〈3〉―アウレーリア一統/小川一水】

感想

続きは、続きはまだかー!?

一巻とは打って変わって、舞台は近未来。冥王斑と呼ばれることになる、謎の病気が世界中に蔓延する。
パンデミックキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
「煙突の上にハイヒール」に収録されているパンデミックものの「白鳥熱の朝に」が人気あったのかしら?
パンデミックものは大好物なので嬉しい。
打算なしに患者を救おうとする医師や、病によって様々なものを失う少女など、登場人物達が結構好き。

次巻は1巻の続きになるのかな。作者のブログによると本シリーズは発表が長期にわたり、ストーリーも錯綜するので、少なくとも中盤を過ぎるまでは、どの巻を取っても単体で楽しめるようにしてみましたってことらしいので、次も単発になるのかな。3巻、楽しみにしてる!

関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。