ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)
(2007/01/13)
Windows

商品詳細を見る

評価

あらすじ

 聖杯戦争――それは奇跡を叶える『聖杯』の力を追い求め、7人の魔術師が7人の英霊を召喚して競い合う争奪戦。
 三度(みたび)、決着を先送りにされたその闘争に、今また4度目の火蓋が切って落とされる。
 それぞれに勝利への悲願を託し、冬木と呼ばれる戦場へと馳せ参じる魔術師たち、だがその中でただ独り、己の戦いに意味を見出せない男がいた。彼の名は言峰綺礼。運命の導きを解せぬまま、綺礼は迷い、問い続ける。なぜ令呪がこの自分に授けられたのか、と。
 だが戦いの運命は、やがて綺礼を一人の宿敵と巡り合わせることになる。
 それが――衛宮切嗣。誰よりも苛烈に、誰よりも容赦なく、奇跡の聖杯を求め欲する男だった。

 Fate/stay nightにおいて断片的に語られるのみだった、10年前の第四次聖杯戦争。士郎の養父が、凛の父が、そして若き日の言峰綺礼が繰り広げた戦いの真相が、いま明らかになる……

関連レビュー

次巻【Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴-/虚淵玄】

感想

伝奇活劇ビジュアルノベル(PCゲーム)「Fate/stay night」のスピンオフ小説。一般書店では売っていないし、原作を知らないと読んでも面白くないと思う。
原作のシナリオライターは奈須きのこ。本書の執筆者はPCゲームブランド「ニトロプラス(Nitroplus)」のシナリオライターである虚淵玄。筆者が虚淵玄であることといい、10ページのカラー口絵(書き下ろし)がついていることといい、とても豪華。

若い言峰綺礼、士郎の養い親の衛宮切嗣、イリヤの母で切嗣の妻のアイリス、第四次聖杯戦争での男装セイバー、凛と桜の父である遠坂時臣、時臣のサーヴァント・ギルガメッシュと知っている顔が並ぶので楽しい。サーヴァントもそれぞれ性格が違うので、一筋縄ではいかないのがいい。
関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。