ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時刻表ひとり旅 (講談社現代新書 620)時刻表ひとり旅 (講談社現代新書 620)
(1981/06/17)
宮脇 俊三

商品詳細を見る

評価

あらすじ

新幹線ひかりは東京──新大阪間に何本すれちがうだろうか、東北本線にある空白の1時間の意味は何か……。本来見るはずの時刻表を丹念に読んでいくと、そこには超過密ダイヤを軽業師のようにさばくスジやさんの見事な腕前が浮かんでくる。ローカル線から通勤列車まで国鉄全線完乗の快挙!もしくは怪挙?をなしとげた著者は、また時刻表の40数年間におよぶ熱烈なファンである。ダイヤのつくられ方、全線区架空討論会、時刻表名所めぐりなど蘊蓄を傾けた本書は、思わずニヤリとさせながら、鉄道の旅へ誘う楽しい大人の読物である。

感想

父の本棚に入っていたのを拝借してきた。
書影は復刊版だが、読んだものは初版が昭和56年6月となっている古い本。
筆者曰く「なぜ時刻表がおもしろいのか」との問いに答えようとして書いた本だという。

  • 第一章―列車ダイヤと時刻表
    線路不足により過密ダイヤになっていることを時刻表の実例を掲載しながら説明している。
    諸外国に比べ、日本の列車ダイヤのあまりのみっちり具合が笑える。
  • 第二章─国鉄全線大集会
    筆者が議長となり、全線区を一堂に集めたとして、「国鉄各線の魅力を探る」という議題に沿って各線に語らせる。
    登場する赤字ローカル線が現在ではほとんど廃線になっている。
    東海道線や鶴見線もローカル線だと主張するわ、美幸線や添田線は赤字日本一だと主張するわで収容がつかず議長は逃げる。
  • 第三章─時刻表旅行のたのしみ
    東京─博多間を6時間40分で走るひかりに乗って、沿線の景色やすれ違う列車を見る。
    運転区間や停車駅の異なる「ひかり」が多数あることを図でもって示し、「ひかり」を追い抜く「ひかり」がある面白さを語る。
    上野6時3分発の急行「まつしま1号」仙台行に乗り、いくつかの列車を乗り継ぎながら東北線で青森を目指す。
    車両運用や客車列車、複線化について語りながら北へ向かう。
    「長距離列車の旅」として特急「はやぶさ」と急行「きたぐに」に乗る。
  • 第四章─ローカル線10傑
    ローカル線ベスト・テン紹介。
    10線のうちJRの線区として現存しているのは2線のみ。7線は廃線となっている。
    赤字ローカル線ほど魅力があるようなので、仕方がないのだろう。
    当時より現在の方が線区が少ないので、乗りつぶししやすいんじゃないかな。
  • 付録─つくりたい駅、走らせたい列車
    新幹線に寝台列車を、とは面白いアイディアだと思う。真面目な提案から悪ふざけのような発想まで、こんな列車があればいいという夢を語る。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。