ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
(2009/08/21)
平坂 読

商品詳細を見る

評価

あらすじ

学校で浮いている羽瀬川小鷹は、ある時いつも不機嫌そうな美少女の三日月夜空が一人で楽しげに喋っているのを目撃する。「もしかして幽霊とか見える人?」「友達と話していただけだ。エア友達と!」「(駄目だこいつ…)」小鷹は夜空とどうすれば友達が出来るか話し合うのだが、夜空は無駄な行動力で友達作りを目指す残念な部まで作ってしまう。しかも何を間違ったか続々と残念な美少女達が入部してきて―。みんなでギャルゲーをやったりプールに行ったり演劇をやったり色々と迷走気味な彼らは本当に友達を作れるのか?アレげだけどやけに楽しい残念系青春ラブコメディ誕生。

感想

評判がいいのでわくわくしながら読み始めた。略称は「はがない」なのね。始めは「おっ、面白そう」と思った。モンハン(作中ではモン狩となっている)を罵り合いながらプレイする場面などは、笑みが漏れた。
読み終えて分かった。これは「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」と同じタイプの小説だ。理由を以下に挙げる。

一、あるあるネタ
ぼっちのあるあるネタが登場する。休み時間をどうやって潰そうとか、体育の授業で二人組をつくるのが辛いとか。それに共感できれば登場人物が親身に感じる(はず)。
二、素のボケに強いツッコミで織り成す会話
非常識(もしくは性格悪)のため素でボケるヒロインにツッコミを入れる主人公という構図。カギカッコの会話だけが何行も続くことがある。
三、軽くハーレム状態
ヒロインらは性格が悪くとも顔とスタイルは抜群。端から見ると美少女をはべらせているようにしか見えない。

ってことで、中身はともかく外見はいい美少女達と残念な学校生活を過ごす話。ぼっちのあるあるネタに共感し、性格最悪な美少女に萌え、軽い話が好きな人なら好みなのでは。タイトルとイラストは良かった。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。