ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
復活の地〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)復活の地〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2004/10)
小川 一水

商品詳細を見る

評価★★★☆☆
お、終わった…。
1・2巻に比べるとセイオやスミルの出番が少なく、派手な抗争もないので、中だるみした。
少々の尻切れとんぼ感は否めないが、満足すべき結果だろう。
セイオとスミル、そして惑星レンカに住む全ての人々の未来に、幸あれ。
皇権排除を画策するサイテン首相は、スミルらを襲った大規模余震を機に国家権力を掌握、星外進出を見据えた軍備増強を推進していく。いっぽうセイオのもとには、100日後の第二次震災発生という衝撃の情報がもたらされる。復興院総裁という権力を失った彼が、“予知された災害”に対して講じた方策とは?そして、迫りくる国家崩壊の危機に、摂政スミルがくだす最後の決断とは?―未曽有の国家再生ドラマ、全3巻完結。
1巻は災害や民衆、2巻は政府、3巻は星外国家との戦いだった。
星外国家とよくやり合ったよ…皇女スミルも、天軍少将ザグラムも、官僚セイオも。
レンカの未来は安泰、というわけにはいかないが、未来を考える若者がいるから大丈夫だろう。

人々の底力というものを、思い知らされた。
草の根運動とでも、いうのだろうか。
一つ一つ、やれることからやっていく。
そうして輪が広がり、大きな力になる。
足の不自由な少女、ネリ・ユーダにそのことを教わった。
また、警察官や消防士、軍人それぞれに、責任があり、誇りがあり、使命があり、プライドがあり、想いがある。
仕事だからというだけではなく、その職業に思い入れがあるからこそ、行動することを知った。

参考文献を見ると、結構面白い。
関東・阪神大震災関連の文献は分かるが、後藤新平関係の書物が二つ。
彼がセイオのモデルなのかな?
帝都復興院も実在したもののようで、興味深い。

これをアニメか映画で見たい。
実写は難しいと思うから、是非1~2クールのアニメで。
人がいっぱい死ぬ残酷なアニメになりそうだけど、超大作になると思うんだ。

本当に好きな作品は、先立つ情報や先入観なしで読みたい。
何も知らないまっさらな状態で、誰が主役なのかも分からないまま、物語に翻弄されたい。
ネタバレなしで、本を紹介するのは難しい。
けれど、面白い本は広めたい、紹介したいこのジレンマ。
とにかく読め!と押し付けたい。
1巻で放り投げちゃったけど、もっかい第六大陸にも挑戦してみようかな。

【復活の地Ⅱ/小川一水】レビュー
【復活の地Ⅱ/小川一水】レビュー
【以下ネタバレあり】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。