ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陰陽ノ京 (電撃文庫)陰陽ノ京 (電撃文庫)
(2001/02)
渡瀬 草一郎

商品詳細を見る

評価★★☆☆☆
時は平安。陰陽道の名門に生まれたにも関わらず、家業である陰陽道を捨て、文章道を選んだ一人の青年がいた。青年の名は慶滋保胤。保胤は大陰陽師・安倍晴明の依頼に応じて近頃都に現れた外法師の素性を調べ始める。だが、それはとてつもない怨念と呪いが渦巻く事件へ保胤を導くきっかけに過ぎなかった…!魑魅魍魎がうごめく平安時代の闇―。いま、闇から滴る魔が世界を狂わせ始める…。第七回電撃ゲーム小説大賞「金賞」受賞作、登場。
表紙の雰囲気よし。
序章の掴みよし。
8才の時継ちゃんと、16才の保胤の、ほのぼのとしたやり取りに期待大。
さあ、これからどうなるのか。読むぞ!

で、読み終わった。
盛り上がりがない。
山場がないまま、最後までいっちゃった。
残念ながら、三日後には内容を忘れてそう。
関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。