ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真・無責任艦長タイラー〈3〉邂逅編 (ファミ通文庫)真・無責任艦長タイラー〈3〉邂逅編 (ファミ通文庫)
(2001/05)
吉岡 平

商品詳細を見る

評価★★★☆☆
欠陥駆逐艦「あさなぎ」もなんのその、またもや、ラアルゴン艦隊をぶっ潰し、前代未聞の若き大佐となったタイラー。しかし、彼を葬らんとする内外の敵の陰謀はますます熾烈を極め、名指しで爆弾テロまで発生する始末―。一方、敬愛する先輩・ミフネを喪ったヤマモトは、その痛手から立ち直れないでいた。だが、そんなヤマモトに追い討ちをかけるように、タイラー艦長率いる「阿蘇」への乗艦命令が…。この二人の関係の行く末を占う第三巻。
勝利に次ぐ勝利のため、ついにテロに狙われるほどになってしまったタイラー。
また、フジ参謀長の陰謀により、タイラー艦長率いる「阿蘇」の副長はヤスダではなくヤマモト、所属する艦隊の司令はミフネ中将となる。
ミフネ中将はタイラーの前で自ら犠牲になったキクチヨ大佐の父親であり、ヤマモトは親友であった。
針の筵の人事の中で、タイラーを殲滅せんと、ついにロワナーが動き出す。

どこか、やりきれなさを感じてしまう。
タイラーだけを狙うテロ、ドリーム・チームで組まれた新艦、天才にはかなわないロワナー。
人が殺されていく。

ヤマモト君の変わりようにびっくり。

関連レビュー
【真・無責任艦長タイラー〈2〉奮闘編/吉岡平】
【真・無責任艦長タイラー〈1〉入隊編/吉岡平】
関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。