ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真・無責任艦長タイラー〈6〉凱旋編 (ファミ通文庫)真・無責任艦長タイラー〈6〉凱旋編 (ファミ通文庫)
(2002/02)
吉岡 平

商品詳細を見る

評価★★★☆☆

あらすじ

必ず生きていると信じて―。ヤマモト以下一丸となってラアルゴンに挑んだ宇宙軍は、無事タイラーを救出することに成功した。皇帝アザリンを人質に猛反撃に出る宇宙軍だが、ドム率いるラアルゴン艦隊の、帝国の威信を賭けた必死の応戦に、しばしの膠着状態に…。互いに憎みきれないタイラーとドムはこの戦況をどう打破し、ワングの企みを阻止できるのか!そして、宇宙平和のためにタイラーが最後にとる奇策とは―?「真・タイラー」ついに完結。

関連レビュー

前巻【真・無責任艦長タイラー〈5〉復活編/吉岡平】
感想を1巻から【真・無責任艦長タイラー〈1〉入隊編/吉岡平】
次シリーズ【真・無責任艦長タイラー外伝―ラヴ・アンド・ウォー/吉岡平】

感想

前巻を読んでからしばらく経ってるため、忘れている登場人物が何人かいた。
シリーズものは続けて読まなきゃ駄目だ。

あ、「続く」んだ。
含みのある終わり方だ。
もっと綺麗に終わって欲しかった。
なんだか中途半端。
ヒラガーもイサム・フジも新シリーズへの伏線に過ぎないのか。

ヤマモトくん変わったねぇ。
タイラー教信者だわ。
タイラーが間違ったことをした時に止められるものはいないのか。
一人の人物が突出すると、独裁に繋がるんじゃないかなぁ。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。