ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緑の我が家―Home、Green Home (講談社X文庫―ホワイトハート)緑の我が家―Home、Green Home (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1997/06)
小野 不由美

商品詳細を見る

評価★★☆☆☆

あらすじ

浩志は、父親の再婚をきっかけに家を出た。壁に囲まれた路地を入り、「緑の扉」を開いた浩志を迎えたのは、高校生の一人暮らしには充分な広さの部屋と、不可解な出来事。無言電話、奇妙な落書き、謎の手紙etc.そして、「出ていったほうがいいよ」と呟く和泉少年の言葉が意味するものは…。嫌がらせ?それとも、死への誘い!?―怖い―。しかし浩志の家は、もはやここしかない!息をもつかせぬ本格ホラー。

感想

気味が悪いとは思ったけれど、怖くはなかった。
「悪夢の棲む家」「過ぎる十七の春」もそうだけど、講談社X文庫の小野不由美先生のホラーは怖くない。
同じ文庫でも「悪霊がいっぱい!?」から始まるゴースト・ハントシリーズは怖くて、ドキドキしながら読んだんだけどなぁ。

【以下ネタバレあり】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。