ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彩雲国物語―花は紫宮に咲く (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語―花は紫宮に咲く (角川ビーンズ文庫)
(2004/07)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る

評価★★★☆☆

あらすじ

長年の夢を叶え、晴れて彩雲国初の女性官吏となった紅秀麗。突然の大出世に驚いた街の人々からはちょっと敬遠され気味で、ショックを受けたりもしたけれど、ぐっとこらえて新しい環境に乗り込む決意をする。…が、バリバリ男性社会の外朝は秀麗に冷たくて、正式配属前の新人研修もなんだか前途多難。相変わらずな王様のすっとぼけた求愛をかわしつつ、ついに秀麗の戦いの幕が上がる!?大人気極彩色ファンタジー第3弾。

関連レビュー

前巻【彩雲国物語―黄金の約束/雪乃紗衣】
次巻【想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語/雪乃紗衣】

感想

秀麗、官吏として働くの巻。
出てくる人物が(悪役以外)皆魅力的で、飽きることがない。
希望が湧いてくる。
真摯に、まっすぐに、前を向いて歩いていく秀麗。
彼女を助け、見守るたくさんの人々。
その気持ちをいつまでも忘れずに。
いい王様に、いい官吏に。

主上がかっこよくなった。
余裕のある、年上の男らしさを身につけている。

秀麗は真摯だ。
初の女官、周りは全て男、悪口、陰口、冷たい視線、味方はなく、女というだけで蔑まれ疎ましがられる。
チャンスは与えられた。スタート地点にたてた。
何も出来ないと嘆いていたあの頃とは違うから。
秀麗は、強いな。

秀麗がピンチになると必ず誰かが助けるなど、少しご都合主義のところも感じた。

読んでいると、すっと心に入ってくる言葉がある。

秀麗は官吏になりたかった。もう二度と九年前のような思いをしたくなかった。
何一つできなかったかつてと違って、官吏になれば、手のひらの大切なものを握りしめていられると思った。そのための努力ができる場所にありたかった。守られる側ではなく、守る側になりたかった。庇われるのではなく、自分の背中に大切な人たちを庇えるように。
「私は、前を向いて、歩き出さなくては。一生、償いつづけるつもりです。それだけのことを私はしてしまった」
「そうだな。姫さんが許してくれても、そうするべきだ。相手が許すか許さないかなんて、関係ない。犯した罪は、一生ついてまわる。消えることはない。だから相手がどうでも、背負いつづけなくちゃな。まあ自分と向き合うなら、必然的にそうなるけどな」
本当に、彼は容赦がなかった。それでも香鈴はホッとした。ともすれば逃げようとする弱い自分の心を、彼は引き戻してくれる。慰めなど、今の香鈴には必要ない。
関連記事

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。