ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
傭兵ピエール〈上〉 (集英社文庫)傭兵ピエール〈上〉 (集英社文庫)
(1999/02)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)
(1999/02)
佐藤 賢一

商品詳細を見る

評価★★★★☆

あらすじ

十五世紀、百年戦争下のフランス。王家の威信は失墜、世には混沌と暴力が充ち、人々は恐怖と絶望の淵に沈んでいた。そんな戦乱の時代の申し子、傭兵隊を率いる無頼漢ピエールは、略奪の途上で不思議な少女に出会い、心奪われる。その名は―ジャンヌ・ダルク。この聖女に導かれ、ピエールは天下分け目の戦場へと赴く。かくして1429年5月6日、オルレアン決戦の火蓋は切られた…。

感想

時は15世紀。
フランスは長い間戦乱の世であった。
のちに英仏百年戦争と呼ばれる戦の真っ只中、貴族の私生児ピエールは隊長として一つの傭兵隊を率いていた。
次の戦場はオルレアン。
救世主=ラ・ピュセルと呼ばれる者が現れた。名はジャンヌ・ダルク。
自らを神の遣いと述べ、王太子シャルル軍に勝利をもたらすという。
彼女は処女を捧げるという約束でピエールの強姦から身を守った、あの女だった。

ごまかしのない、率直な傭兵隊の姿が気持ちいい。
戦があれば駆けつけ、なければ食いっぱぐれないよう街を襲い食料や金目のもの、女を強奪する。
不安定な身の上、死と隣合わせの日々。
だけど仲間との強い絆、勝利の嬉しさを感じられる。

傭兵隊長ピエールの人間性が好き。
仲間思いで、皆の父親のような存在で、女にはちょっと弱くて、でも優しい。
欠点も含め全てが好ましく思える。
ジャンヌの素朴さ、潔癖さも一つの人格として可愛かった。
その時代に生きている人の息吹を感じる。

戦争ものの昂揚した感じが気持ちいい。
戦、戦、また戦、勝利、喜び。
この時代なりのルールがすっと身に入る。

上下巻合わせて1000ページ弱と分厚いけど、一気に読みたい作品。

【以下ネタバレあり】

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


傭兵ピエール〈上〉 (集英社文庫)作者: 佐藤 賢一出版社/メーカー: 集英社発売日: 1999/02メディア: 文庫 傭兵ピエール〈下〉 (集英社文庫)作者: 佐藤 賢一出版社/メーカー: 集英社発売日: 1999/02メディア: 文庫 漫画化もされている本書。 歴史を元にした、if系の小?... 本読みの記録【2009/03/15 22:51】
| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。