ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エトロフ発緊急電 (新潮文庫)エトロフ発緊急電 (新潮文庫)
(1994/01)
佐々木 譲

商品詳細を見る

評価★★☆☆☆

あらすじ

1941年12月8日、日本海軍機動部隊は真珠湾を奇襲。この攻撃の情報をルーズベルトは事前に入手していたか!?海軍機動部隊が極秘裡に集結する択捉島に潜入したアメリカ合衆国の日系人スパイ、ケニー・サイトウ。義勇兵として戦ったスペイン戦争で革命に幻滅し、殺し屋となっていた彼が、激烈な諜報戦が繰り広げられる北海の小島に見たものは何だったのか。山本賞受賞の冒険巨篇。

感想

第二次世界大戦、日本海軍、山本五十六長官、戦艦ときて、こりゃあ興奮するしかないでしょう!
と思ったら、戦艦は活躍しないのね。
真珠湾奇襲が成功すると分かっていたためか、前作ほどドキドキしなかった。

「ベルリン飛行指令」の登場人物も出てくる。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。