ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
導きの星〈4〉出会いの銀河 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)導きの星〈4〉出会いの銀河 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)
(2003/11)
小川 一水

商品詳細を見る

評価★★☆☆☆

あらすじ

地球文明圏は地球外知性体が宇宙航法を入手したことで戦乱期を迎えた。目的人格に率いられたセントールに地球勢力は退却を余儀なくされる…。外文明支援省を離れた司が導くオセアノにも戦火が迫る。そして銀河諸文明に介入してきた超知性体の存在を知ったオセアノ人は何を選択するか?異星文明間の争いの中、移ろいゆく文明の真実を求めて生きる人々を描くハートフル文明育成SF、感動の完結篇。

関連レビュー

前巻【導きの星〈3〉災いの空/小川一水】
感想を1巻から【導きの星〈1〉目覚めの大地/小川一水】

感想

前巻までは「オセアオ文明を見守る」という基本スタンスがあったのに、今巻でいきなりそれが根幹からひっくり返されてびっくり。
1~3巻と比べて、4巻だけが違う方向を向いている。
風呂敷を広げる準備はあったんだけど、広げてみたら思った以上に広すぎて引っ張られたという印象をうけた。

【以下ネタバレあり】

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。