ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年のロケットボーイズ2005年のロケットボーイズ
(2005/07)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

評価★★★☆☆

あらすじ

やっぱり地球は青かった。落ちこぼれのオレと引きこもりのアイツが今年、町工場発宇宙行きの手づくり衛星を飛ばします。え、マジで?うん、マジマジ!『1985年の奇跡』の著者が贈る本邦初の理系青春小説。

感想

文庫版の漫画絵の表紙と題名に惹かれて手に取った。
はからずも読んだばかりの「交渉人」と同筆者だったが、物語としてのまとまりはこちらの方が良い。

人に薦められる青春小説。
落ちこぼれがキューブサットというちっちゃな人工衛星を飛ばすために奮闘する話。
読みやすい。適度にうまくいかないところも良い。

面白いんだけど、何かが物足りない。佳作止まり。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。