ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る

評価★★☆☆☆

あらすじ

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた。城主・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男。智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった―。

感想

2008年の話題作。
第139回直木賞にノミネート、2008年本屋大賞では2位を受賞。
「のぼう様」と呼ばれる成田長親が、対石田三成の攻城戦を行う。

のぼう様は、領民からバカにされつつも慕われ、何も考えていないように見えながら底知れない何かを感じさせ、言葉少なに命令を下さず部下に任せる。
突飛な言動や行動で周りの人間を呆れさせつつ、その行動が皆を奮い立たせ、勝利へ導く。
そんな成田長親の造形が、この小説の魅力であり人気が出た理由でもあるのだと思うのだが、どこかで見たことのあるような人物像だと感じた。

普段歴史小説を読まないライト層に受けてるらしいけど、読みやすいとは思わなかったぞ。

表紙をオノ・ナツメ先生のイラストにしたのは大正解だと思う。
のそーっとした「のぼう様」のイメージにぴったり。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。