ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青猫の街青猫の街
(1998/12)
涼元 悠一

商品詳細を見る

評価★★☆☆☆

あらすじ

神野の友人Aが旧式のパソコン1台残して消えた。神野はパソコン通信、インターネット、地下BBSを駆使してAを探索する。数々の暗号を解読し、幾たびかの危機を乗り越えてたどり着いた先は謎の地下組織「青猫」だった…。第10回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

感想

日本ファンタジノベル大賞優秀賞ってことでファンタジーに分類したんだけど「インターネットという悪意の暗闇を描くサイバーノベル」というコピーの通りサイバー小説。
win95が発売された頃、テレホータイを使って一部の人々がインターネットを楽しんでいた時代を舞台に、SEの神野が友人失踪の謎を解くために動く。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。