ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 (MF文庫J)ゼロの使い魔〈3〉始祖の祈祷書 (MF文庫J)
(2004/12)
ヤマグチ ノボル兎塚 エイジ

商品詳細を見る

評価★★★☆☆

あらすじ

異世界・ハルケギニアに使い魔として「召喚」されてしまった才人。可愛いけれど魔法の才能はゼロのご主人様・ルイズとともに、アンリエッタ王女から頼まれた任務を無事果たした。ルイズは自分を守るために戦ってくれた才人を意識しはじめ、着替えや洗濯を自分でやったりして、ちょっぴり優しく接するようになる。だが、才人は急に変わったルイズの態度に「嫌われて警戒されてる…」と勘違いして卑屈になってしまい、全然かみ合わない毎日が続いていた。そんな折、ルイズはアンリエッタの結婚式の巫女役を仰せつかる。巫女は『始祖の祈祷書』を持って詔をとなえるのが役目で、ルイズは学院長から『始祖の祈祷書』を預かるが…。

関連レビュー

前巻【ゼロの使い魔〈2〉風のアルビオン/ヤマグチノボル】

感想

あとがき(史実のルイズ・フランソワーズ)まで含めてGJ!
ワルドの野望再び、シエスタが才人に近付く、ルイズが焼きもちをやく、「竜の羽衣」なるマジックアイテム(実は零戦)を手に入れる、アルビオンがトリステインに侵攻、ルイズの才能が目覚める…の巻。
コンプレックスをもっていて、才人に近付く女の子に嫉妬しちゃって、素直になれなくて、でも人一倍誇り高くて頑張り屋さんなルイズが可愛い。

最大の特徴は素直な読みやすさだと思う。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。