ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)
(2007/11/10)
海堂 尊

商品詳細を見る

評価星2

あらすじ

東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテインメントが待望の文庫化。

感想

第4回このミス大賞受賞作。
「バチスタ」とは手術の名前なのだと今更ながらに知った。
上下巻に分かれているが、この厚みなら一冊でもよかったんじゃなかろうか。

上巻は結構面白かった。
手術が嫌いで出世街道からはずれ、通称愚痴外来を担当している田口先生や、非常に難しいバチスタ手術を成功し続け、周囲を惹き付ける力をもつ桐生先生など、登場人物が魅力的だと思った。
チーム・バチスタのメンバーに一人一人話を聞く過程も悪くない。
それぞれが互いにどう思っているのか、表面だけ見ていては出てこない感情が見えてきて興味深かった。

下巻で白鳥が出てきてからは、いまいちだった。
何よりも白鳥の言っていることが分からない!
アクティヴ・フェーズとか何だ。横文字ばかりの屁理屈についていけない。
説明不足なのに田口先生はところどころで納得しちゃうし…。

ミステリーといっても物証やトリックから「お前が犯人だ!」となるのではなく、白鳥と話した時の感触から論理的に犯人を捜していくので「あー分かった!!」という驚きはない。
医学の専門的な話もあって、あまり納得できなかった。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。