ADMIN TITLE LIST
気合を入れた本とそうでない本の差が激しい、読書感想文。メインの読書タイムは通勤時間。マイブームはライトノベル全般。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家の品格 (新潮新書)国家の品格 (新潮新書)
(2005/11)
藤原 正彦

商品詳細を見る

評価

あらすじ

日本は世界で唯一の「情緒と形の文明」である。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきた。「論理」と「合理性」頼みの「改革」では、社会の荒廃を食い止めることはできない。いま日本に必要なのは、論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである。すべての日本人に誇りと自信を与える画期的提言。

感想

たまにはベストセラーも読むよってことで、何年か前に流行った本。
ブームが去ってから図書館で借りるので、いつもベストセラーを読むのは2~3年後になる。

「論理だけで何でもできると思ったら間違いだ」という考えは賛成だけど、その後の展開がなんだかなぁ。
「日本人の感受性は鋭い」「もののあはれを知っている」「もっと誇りを持つべきだ」と持ち上げられると悪い気はしない。私も日本人だから「あんたは素晴らしい」と言われているようなもんだしね。

「数学や文学や芸術活動などがどれくらい盛んかを見れば、その国の底力がわかってしまう」という文に、この本の問題点をみた。
根拠がないんだ。
品格のある国家の指標として、独立不羈、高い道徳、美しい田園、天才の輩出と四つを挙げているが、そもそも「品格」が抽象的な言葉なので、どうして上記があると品格のある国家なのかが論理的に説明されていない。
「美しい田園が保たれているということは、金銭至上主義に冒されていない、美しい情緒がその国に存在する証拠です。」ってなんだそりゃ。
英国がそうだからそうでしょってそんな理由じゃ納得できないよ。

「これからの世界を引っ張っていくのは、論理じゃなく情緒だぜ」という主張の通り、論理的には説明してくれない本だった。
読書離れが学力低下の原因とよく言われるけど、その因果関係を説明した人はいるのかしら。

関連記事

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 奇貨居くべし, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。